旬の野菜を食べるメリット

旬の野菜にはその時期に必要な栄養素が含まれています。多く食べるようにすれば、健康促進に繋がります。

旬の野菜を食べるメリット

旬の野菜を食べるメリット

昔から旬の物を食べると身体に良いと言われてきました。
自然界は本当によく出来ていて、その季節に必要なものがその季節に実るようになっています。
夏の野菜は暑い夏を元気に過ごせるように水分が多く含まれているのに対し、冬の野菜は寒さや風邪に負けないように助けてくれます。
例えば、冬の野菜と言えば大根ではないでしょうか。
大根にはビタミンCが多く含まれており、乾燥対策に大変良い野菜です。
また大根には消化酵素も多く含まれており、胃腸の働きを良くしてくれる効果もあります。
年末年始に向けてお酒を飲む機会が増え、胃もたれが気になるときなどに食べると良い食材のひとつです。
また、白菜にも、食物繊維やビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど栄養素が多く含まれています。
風邪予防や免疫力の強化に助けになります。
ねぎは、身体を温めてくれる効果があります。
また、ビタミンの吸収を高める働きもあり、風邪に負けない身体作りにも助けになります。
ほうれん草はいかがでしょうか。
ほうれん草を食べると強くなると昔から言われていますが、ほうれん草には鉄分が多く含まれているため、そのように言われているのです。
スーパーに行けば、旬の野菜がずらりと並んでいます。
健康のためにもたくさん食べるようにしたいものです。